Top > 役員

役員

赤尾 慎吾

山中 一司

竹田 宣生

塚原 祐輔


佐々木 美樹

日本戦略投資CEO及び(株)ヒューマンライフマネジメントCEO

1973年京都大学精密工学科卒業、1976年京都大学大学院システム工学研究室修士、同年(株)日立製作所入所、輸出営業所および重機設計部、1988年SRI International産業コンサルタント、1990年日本アジア投資(株)調査部長、投資部長を経て1996年取締役、1998年常務海外本部長、2008年同社東証一部上場を機に専務退任、JAICシードキャピタル社長、2013年マネジメントバイアウトにより日本戦略投資設立。現在同社CEO,また在宅医療支援の(株)ヒューマンライフマネジメントCEO。JAIC在任中アジア企業中心に100社以上責任者として担当。アリババ社、サイゴン証券、Sinomed社などへの投資実行。

古屋 公貴

東北大学ベンチャーパートナーズ株式会社投資部担当部長

1984年 小樽商科大学商学部経済学科卒業、2009年 グロービス・マネジメント・スクールMBAプログラム修了。1984年4月 松下電器産業株式会社(現パナソニック株式会社)入社、製造事業場にて営業企画及び商品企画責任者として複数の新製品開発プロジェクトをリードし、基幹事業の成長戦力、事業再構築に貢献。事業部新規事業責任者として、ゼロベースから社内ベンチャーと共に、コンテンツ制作・配信サービスまで含む業界初ASP型映像配信事業を立ち上げた。2007年3月 コニカミノルタホールディングス株式会社(現コニカミノルタ株式会社)入社、写真感光材料事業売却後の技術資産活用を企図した全社新規事業部門にて、事業開発担当リーダーとして、「バリアフィルム」と「遮熱フィルム」を、事業化リーダーとして液晶ディスプレイ用「反射フィルム」を立ち上げた。2016年8月 東北大学ベンチャーパートナーズ株式会社入社、現職:投資部 担当部長。製造業での新規事業戦略立案、プロジェクトマネジメント、事業開発経験を活かした支援を重視したシード、アーリーステージ投資に注力。

監査役

岩崎 通也

弁護士 楠・岩崎法律事務所

学歴等
1994年3月東京大学文学部西洋史学専修課程卒業
1999年4月最高裁判所司法研修所修了(51期)

経歴
1994年4月 弁護士登録
1999年4月~2005年2月 加茂法律事務所
2005年4月~2007年10月 金融庁
2007年11月~2012年12月 渥美坂井法律事務所・外国法共同事業
2012年12月~現在 楠・岩崎法律事務所

弁護士登録
1999年4月弁護士登録(第一東京弁護士会)
2005年4月任期付公務員就任に際し、弁護士登録抹消
2007年10月弁護士登録(第二東京弁護士会)

Copyright(c) 2016 ボールウェーブ㈱ Inc. All Rights Reserved.